夏場はウォーキングダイエットが出来ない

夏場になると暑くてウォーキングができなくなります。紫外線も気になりますし梅雨の時期は雨との戦いもありますので六月から九月くらいまではどうしてもウォーキングが億劫になってしまいます。
しかしせっかくダイエットをしているのに中断してしまうのは勿体ないです。
そこでウォーキングの変わりに自宅でできるものをはじめるのです。
例えば一番簡単なのは踏み台昇降です。踏み台は雑誌などを縛り10センチから15センチくらいにします。
階段でもいいんじゃないか、と思う方もいらっしゃると思いますが階段は段差が大きすぎて踏み台に向いていませんし、長いこと続けているとヒザを痛めてしまいます。
本当に効果があるの?と思うくらいの高さでちょうどいいのです。
最初は雑誌の高さが物足りないかも、と思うかもしれませんがそれでも10分続けると足が悲鳴をあげてきます。ふくらはぎがパンパンになってきます。
音楽などをかけ自分が退屈しないようにするのも大切ですが、片足ずつ上げたり下げたりをしますので右足からあげるのを五分、左足から上げるのを五分など決めて行うのがよいです。しかし集中していると五分きっかりというのを忘れてしまいます。ですから音楽一曲分など範囲を決めて行うのです。音楽にノることも大事ですが時間を計ることもできます。
また携帯ゲームでゲームをするのもよいです。一戦終わるたびに足を交代という形で行うのです。
初めの頃はなれないので十分から十五分くらいでよいでしょう。慣れてきたら三十分くらいなど時間を延ばしていくとよいです。
そして一番大事なのは踏み台が終わったときです。必ず足のマッサージをしてください。ふくらはぎを酷使しますので寝ているときにこむら返りになることもありますし、ふくらはぎがむっちり筋肉がついてしまうことがあります。ダイエットを行っているのに筋肉がついてふくらはぎだけが醜くなっていては仕方がありません。
夏場だけでもいいですし、ウォーキングができるようになった秋でも続けてかまいませんが自分の無理のないように行うのが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です