無理せずできるダイエット法

痩せたくても痩せられない。そんな悩みが世間を賑わす昨今、私は3ヶ月の努力で7kgの体重を落とし、さらに体の中からキレイになりました。その方法は簡単で、誰でもすぐに始められます。
一つ目は朝食を工夫することです。朝食というと、パン派・ご飯派に分かれることが多いですが、私はフルーツグラノーラやコーンフレークをオススメします。そして、かけるのは牛乳ではなく、豆乳やヨーグルトなどがよいです。フルーツグラノーラやコーンフレークは栄養バランスが計算されていて、朝食にうってつけです。それに健康にいいとされる豆乳やヨーグルトをかけることでさらに効率よく栄養が摂取できます。最近ではフルーツグラノーラやコーンフレークも様々な種類がありますので、ローテーションを組むことによって飽きずに食べられます。パンやご飯は炭水化物なので、太る原因になります。それをフルーツグラノーラやコーンフレークにすることで回避し、豆乳やヨーグルトと合わせることで便通をよくし、より痩せやすい体になっていきます。昼食と夕食が普段通りでも、朝食を変えるだけでダイエット効果はあります。
onakayase
二つ目は朝起きた時と夜寝る前にストレッチをすることです。ストレッチは布団の上でできる範囲で体を伸ばしたりするだけで結構です。足を伸ばして上体を倒してみたり、足を開いて上体を左右に倒してみたり、うつ伏せになって体を反らすなどです。朝、目覚めた時にストレッチをすると血行が良くなり、スッキリ起きられます。活動を始める前に体を動かすことで体全体が軽くなり、脳に血が通うので朝の辛さが改善されます。夜寝る前にストレッチをすると、体温が上昇して寝付きがよくなり、体を十分に休めることができます。ストレッチをすると、肩凝りや腰痛なども改善するので、なおオススメです。ストレッチは体温を上げ血行をよくし、脂肪の燃焼を促進します。一日の始まりに体を動かすことでその日を爽やかな気持ちで始められますし、夜はじっくりと自分を労わる時間にもなります。
以上の二つのことを続けることで、簡単にダイエットができます。無理して食べる量を減らしたり、過度な運動をしなくてもいいのです。朝食で炭水化物をやめ、少し体を動かすだけで、無駄な脂肪が減り、体幹もよくなり、体の中もキレイにすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です