痩せる為に実践したい有効な方法について

体重を減らしたいなら食べて出すリズムが大切!

ダイエットをしているからには、体内に溜め込んだものを排出しなくてはなりません。
その最たるものが、脂肪です。
要はこの脂肪を少しずつ減らす、排出することでダイエットの成功となるわけです。

世の中には様々なダイエット方法が存在しますが、正しいダイエットとは排出リズムを整えて行うダイエットのこと。
食べないだけ、カロリーを抑えるだけのダイエットは、リバウンドの確立が限りなく高くなってしまいます。
また、ストレスを伴うことが多いのも問題です。
無理なく継続的に行うダイエットが理想なのです。
yaseruonaka
では、排出リズムとはどのように整えていけばいいのでしょう。
この場合、特別なサプリメントや食材が必要なわけではありません。
食べて、出すリズムを身体に覚えさせればよいのです。
もちろん、食べ過ぎないことや規則正しい生活を送るのは最低限必要なこと。
プラス、排出リズムを整えるのだと心得ましょう。

まず、排出の基本は排便です。
腸を活発化させて、自然に便意を催すように仕向けるのがポイントです。
その為には、何か摂取する必要があります。
そう!
それは飲んだり食べたりすることです。
「朝、水を1杯飲むといい」
「白湯を飲もう」
「スムージーが朝食に最適」
このようなダイエット方法を目にしたことがあるかもしれませんが、これはどれも排出を促すためのきっかけになるのです。
何かを摂取すると腸が動き出すので、排出モードになりやすくなるのです。

即ち、「食べなければ痩せる」は誤ったダイエット方法
「痩せたければ出す」が正解なのです。
その際に食べるものを極端に制限しないことが肝心です。
○○だけ食べる。
○○は食べない。
そんな不自然なルールは忘れて、適度に健康的な食生活を試みればOKなのです。

適度な食事、水分摂取を行えば、体内での排出リズムの誘導はバッチリです。
食事を摂ることで適度に体温も上昇します。
これも非常に大切で、冷え症の人のダイエットは思うように進まないのが常。
それだけでは冷え症が改善されないと感じたら、少し運動を取り入れるといいでしょう。
お腹周りをぐるぐると回すだけの体操もよし。
ストレッチで手足を伸ばすだけでもよし。
何もしなかった人がこのような軽めの運動を行うだけでも、身体は確実に活性化するのです。

ダイエットとは、いわゆる健康管理と同じです。
特別なことは何も必要なく、単に当たり前の生活を行うだけのこと。
それ故にスタイル維持が可能になるのです。

サプリに頼ってみるのも痩せる為に有効な方法

ダイエットをしていると栄養が偏ってしまい、偏った栄養を補おうと更に食べてしまうとカロリーを多くとりすぎてダイエットどころではなくなってしまうときがあります。
images
だからといって偏った食生活を続けていていいというわけではありません。特にダイエットをしていなくても足りなくなってしまう栄養素にビタミンAがあります。

これは相当意識をしていないと通常時でも難しく摂取できないのですがダイエットのときは自力で補うことがほとんどではないのではないか、と思うくらい食生活で補うのは難しいです。
ではどうするのかというとサプリメントに頼るのです。

結果、やはり食事の後や前にサプリメントを飲むという事はダイエットにとって非常に有効なのは言うまでもないですしこれからも続けていきたい方法のひとつに変わりはありません。

ずっとサプリメントをとるのは体に悪いですが、自分がその日食べたものの記入などをして足りない栄養素の分はサプリメントで補充するのです。

例えばミネラルが足りない場合は、食欲が収まらないなどダイエットに不都合が生じてしまいます。そういうときにはミネラルの入ったサプリメントを食べるのです。

今はコンビニなどでも簡単に手に入りますのである程度自分の食生活に足りないと思われる栄養素の入ったサプリメントを購入しておき、一日の食事をアプリなどに入力後足りなかった栄養素の分はサプリで補うのです。

そうすることで一日の終わりがきちんとしますし、ミネラルが足りずにお腹が減ってしまい食欲が増進するということもなくなります。

また一日の食事を管理し何が自分に足りない栄養素なのかを判断するアプリはあすけんなど有名どころを利用するとよいでしょう。足りない食べ物について説明してくれますし、一週間や一ヶ月単位で平均を見ることができます。

ただしサプリメントに頼りすぎるのも問題ですから、あすけんでこの料理を作ってみては?といわれたものを作ってみたり参考にするのもよいと思います。
dietseikousan
私は自己流でダイエットをしているとき顔色が悪く栄養が足りていなかったのですが、サプリとあすけんを併用するようになってからは健康的にダイエットができるようになりました。

リバウンドしないダイエットってどんなダイエット方法?

ダイエットというと永遠の女性の課題ですし、最近では男性でもダイエットをしたりする事が増えてます。
また毎年のように新しいダイエット方法が出てきたり、たくさんのダイエットに関する本、ダイエット関係のDVDが発売され出る度に巷では話題になっています。ダイエットというのは減量とは違い、その多くが美を求めて行われるものだと思います。ただただ体重を減らす事が目的ではなく、女性として綺麗になりたい、男性として男らしい身体になりたいという理由でダイエットを試みる方がほとんどですが、減量との違いをよく理解した上で行わなければいけません。
減量というのは基本的にある一瞬限りの体重が減っていればよいという考え方です。体重を減らすためには水分を減らすのが一番早い事ですので水分すら控えて体重を減らしたり、またほとんど食べ物を摂取せずに減量に励みますが、無理をした分人の身体というのは正直な所であり無理な食事制限や水分を控える事は肌などの調子が悪くなったりまた女性であれば生理が止まるなど身体への影響もとても大きいのです。そしてそのような食生活をする事により身体が飢餓状態に陥りその時だけは体重を減らす事ができますが、身体は栄養が足りない分少しでも摂取された栄養分を身体に貯め込もうとしてしまい基礎代謝が非常に低くなってしまい食生活を普通の状態に戻すとすぐに体重は元に戻ってしまうのです。
ダイエットをするのであれば、長続きして少しずつ美しさを保ちながら痩せる事ができるように食事量を減らすのではなく、カロリーの低い食事を選んで食生活の内容を改善する事が一番大切です。人には運動など何もしなくても消費できるカロリーが基礎代謝であり、摂取カロリーが基礎代謝より少なくなるように食事を摂取すれば少しずつ痩せる事はできるのです。
なので、ダイエットをするのであれば運動などで基礎代謝をあげること、そして食事内容を見直してあくまでも美を保ちながら体重を減らして綺麗になる事が大切です。

ダイエットの基礎について振り返ってみませんか?

新しいダイエット法が日々出て来ていますが、ここでもう一度ダイエットの基礎について考えてみませんか?

1.食事について

○○だけダイエットや炭水化物抜きダイエットというのがとても流行りましたね。
やり方が分かりやすく手軽に出来るため多くの人がやっていましたが、途中で飽きてしまったり栄養が偏って体調を崩してしまい続かなかったという声もありました。
また女性の場合は冷え性が悪化したという方もいました。

食事の基礎は、バランスの良い食事を食べることです。
お米などの穀物類、肉類や魚類、野菜や果物、発酵食品などをバランス良く食べるようにしましょう。
ダイエットには欠かせない筋肉をつくる上でもバランスの良い食事は欠かせません。

2.食事の量と時間について

食事の回数についても様々な情報がありますが、大事なのは自分の適量を知るという事です。
お腹があまり空いていない日は1日1食でも良いでしょうし、3食普通に食べる日があっても良いでしょう。
早食いは食べすぎにも繋がるため、味噌汁や野菜などから順番にゆっくり噛んで食べましょう。

気にするべき所は食事の内容と食べる時間です。

食事の内容は、どれか1つの食材や栄養に偏らずバランスの良い献立を心がけましょう。
時間は、基本的に夜8時以降は食べないようにするか、少なくとも眠る2時間前までに済ませておきましょう。

3.運動について

運動をしなくても痩せるというダイエット法もありますが、運動をせずに体重を落とすとたるみ等の原因になったり、筋肉が衰えて代謝が悪くなり逆に痩せにくい身体になる事もあります。

激しい運動ではなくても良いので、手軽に出来る運動を取り入れてみましょう。
フラフープやヨガ、ラジオ体操などの体操もお勧めです。

これからも新しいダイエット法はどんどん出てくると思いますが、将来的に身体を悪くしてしまうような不健康なものに惑わされず正しく健康的にダイエットを成功させられると良いですね。

1年前に一念発起、ちょっと語呂が良いのですが、その頃から本格的なトレーニングによるダイエットをスタートさせました。その間にメニューも最適なルーチン化が自然と進んで、現在ではそれらのメニューが完全に日課の中に組み込まれ、ストレスなくこなせる様になりました。
ですがどうしても避けられないのがメニューへの慣れによる集中力の欠如やマンネリ化。特に私の様に常に孤独でメニューに取り組んでいると、ちょっとしたメンタルの不調からやる気を無くしてしまうケースが多く、トレーニングにも身が入りません。もちろん自宅ですから友人や知人を呼ぶ訳にもいかず、いかにして孤独の中でモチベーションを維持していけるかが大きな課題となっていたものです。
ですが答えは意外と簡単に見つかりました。まだ実家暮らしであったという事もあり、階段や廊下を利用してトレーニングに励む私をずっと見てきた母が強い興味を示してきたのです。
母も加齢から来る運動不足や肥満といった症状に悩まされ始めていましたから、これを機に一緒に軽くトレーニングを積んでみないかと提案したところ、あっさりと了承。こうして一部私が指導しながらの2人でのトレーニングが新たにスタートしたのです。
始めは自らのトレーニングと共に、母の体力やペースに合ったメニュー作りや負荷の掛け方、もちろんダンベル等アイテムの調整も行いました。これまでは自分自身の慣れ切ったルーチンワークだけだったのですが、こういった新しい取組みが新たな興味や面白さを生み、飽きるという事が無くなったのです。また結構辛い時も母との適度なコミュニケーションはストレス回避に大きく役立ち、メンタル的に乗り気でない時でも投げ出さずトレーニングを積み続ける事が出来たのです。
現在はそのおかげか1年前よりも安定して5キロ程体重を絞れた上、母も相当元気を取り戻した様。心から安心出来る様になりました。今後は室内のトレーニングだけでなく、積極的にロードワークも取り入れてゆく予定です。

お金のかからないダイエット方法

米、小麦、イモ類など糖質が多い食品を避けて食事をするのが、糖質制限ダイエットです。
なぜこれで痩せるかというと、血糖値の上昇を抑えることができるからです。通常は、食事をすると血糖値が上がります。血糖値は血液中のブドウ糖の量で、これが増えすぎると血管や神経にダメージを与えてしまいます。
そうなるのを防ぐために膵臓からインシュリンというホルモンが分泌されるのですが、このインシュリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれています。
インシュリンはブドウ糖が多くなると最初は肝臓や筋肉のグリコーゲンにブドウ糖を溜め込みます。ここで使い切れれば良いのですが、さらにブドウ糖が供給されて余ってしまうと、今度は脂肪細胞にブドウ糖を蓄え始めます。
これがいわゆる脂肪がつくということで、太る原因です。
糖質制限ダイエットでは、血糖値が上がらない食品を選んで食べることで、インシュリンが分泌されないようにします。
すると脂肪細胞が膨らまなくなるので、痩せることができます。
糖質制限で食べて良い食べ物は、肉、魚、卵、野菜、などです。野菜にも糖質は含まれていますが、食物繊維でカバーしてくれるのでさほど気にせずに食べて良いことになっています。
しっかり食べたいのは肉、魚、卵で、これでおおかたのカロリーを摂取するようにします。
調理のコツは、甘いタレなどの味付けをしないことです。照り焼きなどは砂糖が含まれているので、糖質が多くなってしまいます。
できるだけシンプルに塩や胡椒で味付けして食べることで、糖質を少なくすることができます。
肉や魚は調理が面倒というのであれば、缶詰やお惣菜を活用しても良いです。
ご飯が恋しいというときには、豆腐をご飯の代わりに食べても良いでしょう。一丁だけでもかなりお腹が膨れます。
パンが食べたいという場合には、油揚げをパンに見立てて食べてみると満足できます。カリッと焼いてあげるとピザトーストなどとして食べることができます。

私がダイエットに必要なことはまず自分の体重を把握することだと思っています。テレビなどでダイエットしている人が一週間や一ヶ月後に計測をしていたりするのを見かけたりしますが、毎日の体重を把握することが大事だと思っています。私は一日朝晩2回計っていますが、一日の中でも食事の前後、トイレの前後で結構体重は変化しています。ですので、大体条件を同じにして毎日の変化を知ることが大事だと思います。
少し昨日の夜は食べ過ぎたなと思った日は、翌日甘い飲み物は控えるとか少しだけご飯を減らしてみるといった対策で元に戻せます。
体重を知ることで少しでも体重が減っていれば次のやる気に繋がると思います。
次にダイエットの方法ですが、私は運動に勝るものはないと思っています。私が実践した運動はジョギングをすることです。ウォーキングやスポーツクラブに通いエアロビやエアロバイクをしたこともありますが、それではあまり体重が減らないのです。私の経験上ジョギングを一時間行うと体重が約1キロ減ります。実際は水分補給などをすると少し元に戻ってしまうのですが、これを定期的に繰り返すことによって体重を落としていくことができました。週に2回はジョギングをするようにしていました。毎回コースを変えマンネリしないように心掛けました。時間も長い日や短い日がありましたが、一週間は開けないように気を付けていました。
そして挫折しないように、私は仲間を作りました。目的外同じ人ばかりではありませんが、体力をつけたい人やマラソン大会に参加しようと思っている人など結構興味を持ってくれる人がいました。一緒に話をしながらジョギングをすると一時間はあっという間で楽しみながら走ることができてよかったです。
食事などは普通にとっていたので特に辛い思いをすることもなく半年で4キロのダイエットに成功しキープすることができています。しかもジョギングを続けたことでエネルギーを消費しやすい体になり、太りにくくなったと思います。

夏場はウォーキングダイエットが出来ない

夏場になると暑くてウォーキングができなくなります。紫外線も気になりますし梅雨の時期は雨との戦いもありますので六月から九月くらいまではどうしてもウォーキングが億劫になってしまいます。
しかしせっかくダイエットをしているのに中断してしまうのは勿体ないです。
そこでウォーキングの変わりに自宅でできるものをはじめるのです。
例えば一番簡単なのは踏み台昇降です。踏み台は雑誌などを縛り10センチから15センチくらいにします。
階段でもいいんじゃないか、と思う方もいらっしゃると思いますが階段は段差が大きすぎて踏み台に向いていませんし、長いこと続けているとヒザを痛めてしまいます。
本当に効果があるの?と思うくらいの高さでちょうどいいのです。
最初は雑誌の高さが物足りないかも、と思うかもしれませんがそれでも10分続けると足が悲鳴をあげてきます。ふくらはぎがパンパンになってきます。
音楽などをかけ自分が退屈しないようにするのも大切ですが、片足ずつ上げたり下げたりをしますので右足からあげるのを五分、左足から上げるのを五分など決めて行うのがよいです。しかし集中していると五分きっかりというのを忘れてしまいます。ですから音楽一曲分など範囲を決めて行うのです。音楽にノることも大事ですが時間を計ることもできます。
また携帯ゲームでゲームをするのもよいです。一戦終わるたびに足を交代という形で行うのです。
初めの頃はなれないので十分から十五分くらいでよいでしょう。慣れてきたら三十分くらいなど時間を延ばしていくとよいです。
そして一番大事なのは踏み台が終わったときです。必ず足のマッサージをしてください。ふくらはぎを酷使しますので寝ているときにこむら返りになることもありますし、ふくらはぎがむっちり筋肉がついてしまうことがあります。ダイエットを行っているのに筋肉がついてふくらはぎだけが醜くなっていては仕方がありません。
夏場だけでもいいですし、ウォーキングができるようになった秋でも続けてかまいませんが自分の無理のないように行うのが大事です。

無理せずできるダイエット法

痩せたくても痩せられない。そんな悩みが世間を賑わす昨今、私は3ヶ月の努力で7kgの体重を落とし、さらに体の中からキレイになりました。その方法は簡単で、誰でもすぐに始められます。
一つ目は朝食を工夫することです。朝食というと、パン派・ご飯派に分かれることが多いですが、私はフルーツグラノーラやコーンフレークをオススメします。そして、かけるのは牛乳ではなく、豆乳やヨーグルトなどがよいです。フルーツグラノーラやコーンフレークは栄養バランスが計算されていて、朝食にうってつけです。それに健康にいいとされる豆乳やヨーグルトをかけることでさらに効率よく栄養が摂取できます。最近ではフルーツグラノーラやコーンフレークも様々な種類がありますので、ローテーションを組むことによって飽きずに食べられます。パンやご飯は炭水化物なので、太る原因になります。それをフルーツグラノーラやコーンフレークにすることで回避し、豆乳やヨーグルトと合わせることで便通をよくし、より痩せやすい体になっていきます。昼食と夕食が普段通りでも、朝食を変えるだけでダイエット効果はあります。
onakayase
二つ目は朝起きた時と夜寝る前にストレッチをすることです。ストレッチは布団の上でできる範囲で体を伸ばしたりするだけで結構です。足を伸ばして上体を倒してみたり、足を開いて上体を左右に倒してみたり、うつ伏せになって体を反らすなどです。朝、目覚めた時にストレッチをすると血行が良くなり、スッキリ起きられます。活動を始める前に体を動かすことで体全体が軽くなり、脳に血が通うので朝の辛さが改善されます。夜寝る前にストレッチをすると、体温が上昇して寝付きがよくなり、体を十分に休めることができます。ストレッチをすると、肩凝りや腰痛なども改善するので、なおオススメです。ストレッチは体温を上げ血行をよくし、脂肪の燃焼を促進します。一日の始まりに体を動かすことでその日を爽やかな気持ちで始められますし、夜はじっくりと自分を労わる時間にもなります。
以上の二つのことを続けることで、簡単にダイエットができます。無理して食べる量を減らしたり、過度な運動をしなくてもいいのです。朝食で炭水化物をやめ、少し体を動かすだけで、無駄な脂肪が減り、体幹もよくなり、体の中もキレイにすることができます。